タイトル 「食政策センター ビジョン21」主宰の安田節子公式ウェブサイト/
リンクは自由です(連絡不要)/お問い合わせは管理者まで

安田節子ドットコム

 

2008年12月

<遺伝子組み換え>GMトウモロコシを食べたマウスに生殖障害
2008年11月11日 オーストリア、ウイーン発 グリーンピース・インターナショナル
GMトウモロコシを食べたマウスは、繁殖力がひどく損なわれ、自然なトウモロコシを食べたマウスより少しの仔しか産まなかった。この研究は、GM食品が我々の健康と環境へ与える長期の影響をほとんど知らないことを示している。同時に、現在の安全性評価のシステムがいかに不十分なものであるかを示している。

オーストリア政府の新しい研究によれば、遺伝子組み換えトウモロコシを食べさせたマウスは、非組み換えを食べさせたマウスと比べて一腹の仔の数が少なくなったという調査結果を発表した。オーストリアの科学者は20週間にわたって実験用マウスを使い、いくつかの長期給餌試験を行った。そのひとつ連続給餌による継続繁殖試験では、モンサントのGMトウモロコシ(NK 603 x MON 810)を33%含む餌を与えたラットの両親による3度目及び4度目の出産で一腹の仔の数と重量が減少。同じ条件で、非GMトウモロコシを33%含む餌を食べさせたマウスは、通常の出産であった。この研究論文の責任者であるウィーン獣医学大学教授Jurgen Zentek博士は、この影響は統計学的に有意に食物源の違いに起因していると述べた。

このGMトウモロコシの生殖影響は、全く予想外であり、 世界中の規制当局は、これまでこの潜在的に破壊的なエラーをもたらすGM品種が普通のものと同じくらい安全とみなしてきた。これだけですべてのGM産業を廃業させるに十分な正当な理由となる。このオーストリアの研究は、世界中の食品安全規制当局によって、慎重に考慮されねばならない。

たとえば、欧州食品安全局(EFSA)は、単にモンサントのデータだけをもとに2005年にこの品種にゴーサインを与えた。EFSAは、「NK603 x MON810」トウモロコシは人間や動物の健康にいかなる影響も及ぼすことはないだろうと報告した。

問題のGMウモロコシは、米国、アルゼンチン、日本、フィリピンと南アフリカを含む数カ国で、栽培と食用が承認されている。メキシコとEUでは食用と飼料用として承認されている。

Mice! Forget about birth control - try GE maize instead! | Greenpeace Internationalより(翻訳:安田)。

報告書原文

(注1) 日本では食用と飼料用に承認
(注2) NK 603 x MON 810は除草剤耐性のラウンドアップ・レディー・トウモロコシNK603と害虫抵抗性トウモロコシMON810 を掛け合わせた品種

安田コメントは
http://www.yasudasetsuko.com/gmo/column/081214.htm
にて。
2008年12月12日更新
▲最上部へ戻る
[HOME]>[節子の鶏鳴日記]>「2008年12月ログ」

YasudaSetsuko.comAll rights reserved.